• 文字の大きさ
  • 普通
  • 拡大
  • サイトマップ
  • お問い合わせ

先輩職員からのメッセージ

Message

患者さんの気持ちに寄り添うことのできる理学療法士
顔写真

田中 里香

理学療法士

秋田大学 医学部 保健学科 理学療法学専攻

平成29年度

病院に勤務する理学療法士としてのメリット

私の勤務している病院は、脳血管疾患や整形外科疾患に加えて、呼吸器疾患やがん患者様を対象とするリハビリテーションも行っています。さまざまな疾患の患者様に対し急性期から介入するため、状態の変化に合わせた臨機応変なリハビリテーションが必要となります。そのため、治療方針や理学療法プログラムに悩むこともありますが、優しくて頼りになる先輩方からアドバイスを頂き、日々成長しながら働くことができています。

目標としていること

私は学生の頃から、「患者さんの気持ちに寄り添うことのできる理学療法士」を目標としていましたが、就職して臨床の場に立つようになり、改めてその重要性を感じました。病気や怪我でリハビリテーションを必要としている患者さんの中には、不安や焦燥を感じている方も多くいます。そんな患者さんの心の支えになることができるように、思いや訴えを傾聴し、声のトーンや表情に気をつけながらコミュニケーションをとるように心がけています。