• 文字の大きさ
  • 普通
  • 拡大
  • サイトマップ
  • お問い合わせ

先輩職員からのメッセージ

Message

臨床側からの様々なニーズに応え、検査結果を臨床側へ報告するなど情報の架け橋になることが多く、難しい仕事でありながらもやりがいを感じています
顔写真

村木 明日香

臨床検査技師

北里大学保健衛生専門学院 臨床検査技師養成科

平成28年度

病院に勤務する臨床検査技師としてのメリット

高校生のとき、かづの厚生病院の臨床検査科へインターンシップをしたのが厚生連に入会しようと思ったきっかけです。患者さんと直接関わる機会の少ない検体検査部門ですが、患者さんひとりひとりの検体と真剣に向き合い、丁寧に検査をする先輩技師に憧れました。私もこのような検査技師になりたいと思い、臨床検査技師を目指したときから自分が生まれ育った秋田県で就職したい、地元貢献がしたいと強く考えていたので、厚生連入会を決めました。

仕事内容ややりがいについて

現在は、病院の臨床検査科で主に病理検査部門を担当しています。
病理検査は患者さんから採取した胃粘膜や大腸ポリープなどの検体を悪性(がんである)か良性(がんでない)かを病理医が顕微鏡で見て判断する検査です。検査技師の仕事は、手術などで摘出した臓器を薄く切り、色をつけて病理医が顕微鏡で診断するために必要な材料を作ることです。急ぐといい診断材料はできない…しかしながら、ある程度のスピードが求められます。とても繊細で細やかな作業が多く、集中力と体力がいる仕事だと実感しています。また、臨床側からの様々なニーズに応え、検査結果を臨床側へ報告するなど情報の架け橋になることが多く、難しい仕事でありながらもやりがいを感じています。

学生へのメッセージ

病院は幅広い業務を行っており、様々な職種のひとが働いています。他職種と関わることで毎日が勉強の日々で、自分の成長できるチャンスがたくさんあります。
学生時代のサークル活動や他学科との交流で得た経験が働いていく中で大きな糧になると思います。ご縁がありましたら厚生連へ就職し、一緒に働けることを楽しみにしています。