• 文字の大きさ
  • 普通
  • 拡大
  • サイトマップ
  • お問い合わせ

先輩職員からのメッセージ

Message

病院薬剤師は患者さんやそのご家族の方との距離が近いため、しっかりと向き合うことができ、さらに入院から退院まで見届けられるということは大きなやりがいになります
顔写真

菅野 絢子

薬剤師

国際医療福祉大学 薬学部

平成29年度

病院に勤務する薬剤師としてのメリット

病院薬剤師の仕事は、調剤業務、抗癌剤やTPN調製、院内製剤、入院患者さんに対する病棟業務、DI業務、チーム医療などです。薬剤師としての専門性を発揮できる場面は多岐にわたるので広い視野を持った薬剤師を目指すことができ、さらに多職種との連携を通してスキルアップすることができるのも病院薬剤師としての魅力であると思います。

患者さんやスタッフからの薬に関する様々な質問に対応する時、やりがいを感じます

1年目から病棟業務に携わり、患者さんへの服薬指導や他職種の方への情報提供などを行う機会があります。知識や経験が浅いためスムーズに返答ができず大変なこともありますが、多くの医療スタッフとの連携により仕事を進めていく中で、専門知識を生かして医療に貢献できることにやりがいや達成感があります。

患者さんへ安心な薬物療法を提供できるように頑張っていきたい

病院薬剤師は患者さんやそのご家族の方との距離が近いため、しっかりと向き合うことができ、さらに入院から退院まで見届けられるということは大きなやりがいになります。その分、責任も大きいですが、患者さんに安心していただけるように、そして信頼される薬剤師になれるように日々頑張っていきたいです。