• 文字の大きさ
  • 普通
  • 拡大
  • サイトマップ
  • お問い合わせ

先輩職員からのメッセージ

Message

顔写真

青羽 南臣

診療放射線技師

東北大学 医学部 保健学科 放射線技術科学専攻

2019年度

病院に勤務する職員としてのメリット

 診療放射線技師の業務は、一般撮影やCT、MRI、核医学検査、放射線治療など診断から治療まで多岐にわたりますが、機器設備により出来る業務が異なる職種です。
 秋田厚生連は県内各地域における医療の中心となる総合病院です。機器設備も幅広い分野の検査に対応できるようになっています。そのため、診療放射線技師が携わる検査も様々に行われています。
 毎日たくさんの患者さんと検査を通して関わることで、地域医療に貢献しているという実感を強く得られ、医療者としてのやりがいを感じられます。また、より多くの業務に携われるということは、技師としての大きな自信につながります。

がんばっていること、目標としていること

 たくさんの業務に関われる環境である分、覚えなければいけないことも多く大変です。そうした中で、今出来る業務に対しては、画像の品質や患者さんとのコミュニケーションなどで、自分の中でのこだわり、責任感を強く持って働くことを意識しています。
 分野ごとに認定を取得している先輩技師も多く、より高度で質の良い医療を患者さんに提供できるように、私も出来ることを増やすと同時に、専門性を高めていける分野を見つけたいです。