• 文字の大きさ
  • 普通
  • 拡大
  • サイトマップ
  • お問い合わせ

先輩職員からのメッセージ

Message

顔写真

中西 沙紀

診療放射線技師

弘前大学 医学部 保健学科 放射線技術科学専攻

2019年度

病院に勤務する職員としてのメリット

 病院で勤務することは、多様な専門性を有する先生方や医療従事者と関わりながら仕事をしていくことになるので、コミュニケーション力や協調性が磨かれることはもちろん、物事に対して多方面から考えることが出来て視野が広がり豊富な知識や経験を得ることができると思います。
 また、厚生連病院職員として働く上で県内にたくさんの仲間がいるので、普段から情報交換を行い合って知識や技術を高め合うことが出来るため、日々のより良い検査・画像の提供に繋がっていると感じます。

目標としていること

 私が目標としていることは、診療放射線技師としてより多くの検査・分野に携われるようになることです。診療放射線技師の取り扱う領域はとても幅広く、通常の検査業務に加えて、機器・画像・放射線のことなど、より多くの知識や技術が求められます。現在は業務を覚えてこなすことで精一杯ですが、この先はより深い知識を得て日々技術を磨く努力をしていきたいです。

がんばっていること

 現在頑張っていることは、専門知識を増やしていくことです。CTやMRI、マンモグラフィ検査など各モダリティや検査に対して認定技師や専門技師と呼ばれるスペシャリストがいます。専門技師になるには、より専門的な知識や技術が要求されるので、専門技師取得を通じて、診療放射線技師としての総合力を養うための一歩にしたいと思います。