• 文字の大きさ
  • 普通
  • 拡大
  • サイトマップ
  • お問い合わせ

先輩職員からのメッセージ

Message

顔写真

鎌田 昌幸

臨床検査技師

新潟大学 医学部 保健学科

2019年度

病院に勤務する職員としてのメリット

 実際に病院に勤務して感じたことは自分自身が患者さんの治療方針の決定や診断に対して貢献しているのだということです。このことは学生の際には感じることができなかったことであり、非常にやりがいを持つことができています。また、多くの職種の方とのコミュニケーションをとることができ、幅広い分野の知識を学ぶことができます。特に厚生連は秋田県内に多くの病院があり、たくさんの方との交流をすることができる点がとても良い点だと感じています。

がんばっていること、目標としていること

 私は現在、病理検査部門を担当しています。病理検査における検査技師の主な役割は診断に用いる標本を作製することです。患者さんの診断の確定に関与する部門であり、標本の作製の仕方によって大きく診断が左右されることもあります。そのためにスピードだけではなく、いかに見やすく、診断に適した標本を作製することができるかを心がけて日々励んでいます。また、細胞検査士の資格を得ることを目標としており、先輩方に指導していただきつつ取り組んでいます。