• 文字の大きさ
  • 普通
  • 拡大
  • サイトマップ
  • お問い合わせ

先輩職員からのメッセージ

Message

顔写真

鈴木 花純

臨床検査技師

東北大学 医学部 保健学科 検査技術科学専攻

2018年度

病院に勤務する職員としてのメリット

 病院での勤務では、様々な場面でチーム医療の一員として他職種との連携があり、自分が行った検査が患者さんの診療の指標になっていることが感じられてやりがいがあります。また、検査結果と患者さんの症状を照らし合わせることで、検査データを読み取る能力のスキルアップができると思います。厚生連は中核病院として地域の医療を担っているため、様々な検査を経験できることも魅力です。

がんばっていること、目標としていること

 現在、輸血検査部門を担当しており、疾患や手術などで輸血を必要とする患者さんの血液型や不規則抗体の検査、交差適合試験などを行っています。輸血は適正に行わないと、効果が無かったり、副作用が発生したりする可能性があるため、責任を持って検査をしています。安全な輸血を行うために、院内の輸血実施状況の確認、輸血療法委員会での情報発信などにも取り組んでいます。また、今年度は秋田県医学検査学会での演題発表も行いました。認定資格の取得を目指し、知識や技術を向上させていきたいと思います。