• 文字の大きさ
  • 普通
  • 拡大
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • ホーム
  • ニュースダイジェスト
  • 2019年04月
JA秋田厚生連ニュースダイジェスト JA秋田厚生連グループ(病院・本所)の取り組みやイベントなどをお伝えしていくコーナーです。

2019年04月 《JA秋田グループ広報誌「かけはし」2019年04月号》

平成31年度 事業計画のポイント

『新たな中長期計画の推進と地域医療の一層の充実に向けた取組み』

秋田県厚生連

厚生連を取り巻く状況について

医療を取り巻く情勢は、人口減少や少子高齢化の進展等により年々患者数が減少しているほか、医師の不足、地域偏在・診療科偏在の問題は解消の兆しが見えず、依然として厳しい状況が続いています。

こうした中、今後、県が進める地域医療構想の実現に向けて、地域ごとに病床規模の見直しや医療機能の分化・連携の議論がさらに本格化してくることから、各二次医療圏における中核的医療機関として、厚生連病院が担う役割や機能を明確に示していくとともに、安全・安心で質の高い医療を継続的かつ安定的に提供できるよう、その責務を果たしてまいります。


当会のイメージキャラクター・こころん

長期ビジョン・経営健全化計画の初年度

当会は、今後も引き続き、組合員や県民の皆様に安全・安心で質の高い医療を提供するため、一層の経営・財政基盤の安定化・健全化と、環境の変化に柔軟に対応できる医療提供体制の構築を目指し、病院運営の将来ビジョンを定めた「長期ビジョン(7ヵ年)」、また、長期ビジョンを着実に実践していくための中期計画として、具体的なアクションプランを盛り込んだ「経営健全化計画(3ヵ年)」を新たに策定しました。今後、これらの中長期計画に基づき、地域医療の更なる充実に向け、役職員が一丸となって取り組んでまいります。

患者の視点に立った魅力ある病院づくり

良質な医療を提供するための環境整備

病院に入退院支援室を設置し、入院前から退院後の生活までを見据えた切れ目のない支援をワンストップで行うなど、患者サポート体制の強化を図ります。また、良質な医療を維持するため、施設設備・医療機器等の整備を計画的かつ効率的に進めます。

  

患者サービスの向上

感謝・感動されるサービスを目指すため、各病院の創意工夫による「ホスピタリティ(おもてなし)」精神の醸成に向けた取組みを推進するほか、出前講座や医療フォーラムの開催を通じ、地域住民の皆様の健康づくりをサポートします。

  

健全な経営・財政基盤の確立

収益確保対策

重点算定項目の算定率の病院間比較やレセプト請求精度についての病院現地調査を通じて、請求精度の更なる向上に努めるほか、病診連携・病病連携の強化を図り、紹介・逆紹介を推進することで、新患者の受入れ拡大に繋げ、収益の確保に努めます。

費用適正化対策

医薬品や診療材料の共同購入、検査機器整備に当たっての機器統一など、グループ病院としてのスケールメリットを生かした取組みを継続するとともに、身近なコピー用紙の削減に取り組むなど職員のコスト意識の徹底を図ります。

働きがいのある職場環境づくり

勤務環境の整備

本所に「働き方改善推進チーム」を設置し、職員が安心して働き続けられる職場環境の整備に向け、職員の身体的・精神的負担の軽減を図るための各種取組みを積極的に実施するとともに、ハラスメント対策については、その根絶を目指し、外部相談窓口の設置を検討します。

職員満足度の向上

「職員満足なくして患者満足はなし」の理念のもと、職員満足度調査を実施し、更なる勤務環境の改善・充実に繋げていくほか、その職員を支える家族を対象とした取組みについても検討します。

地域医療構想を見据えた医療提供体制の見直し

機能分化と地域医療連携の推進

地域医療構想調整会議における議論を通じて、各二次医療圏における厚生連病院の役割・機能を明確にした上で、地域の医療機関等との連携による紹介・逆紹介を推進し、入院を中心とする専門性の高い医療の拡充を図るなど、効率的な運営体制の構築を進めます。

地域の実情を踏まえた病床の機能・規模の適正化

急性期から回復期まで切れ目のない医療提供体制を維持することを基本としつつ、人口減少や少子高齢化に伴う患者数の減少等の環境変化に応じて病床の機能・規模を適時見直します。

保健予防活動及び高齢者福祉活動の推進

健康管理活動の充実

秋田県の掲げる「健康寿命日本一」の実現に向け、人間ドックや検診等の生活習慣病予防対策の充実や検診受診率の向上に努めます。

訪問看護事業等の取組み

JA等関係機関や行政との連携を密にし、地域のニーズを把握しながら、訪問看護事業・居宅介護支援事業・短期入所生活支援事業を効果的・効率的に運営します。