• 文字の大きさ
  • 普通
  • 拡大
  • サイトマップ
  • お問い合わせ

令和3年度事業計画のポイント

The point of project

重点方針

(ⅰ)コロナ禍における病院運営体制の再構築

  • 感染症の収束如何にかかわらず、患者数の水準が元に戻ることは望めないとの前提に立ち、今後の事業運営のあり方を考えていきます。
  • 収益に見合った費用規模を実現すべく、体制の見直しを図ります。
  • 「ウィズコロナ」「新しい生活様式」を想定し、様々な運用の見直しにも積極的に取り組んでいきます。
  • 情勢の変化に対しスピード感を持って適切な対応を図り、医療・保健・福祉の各事業を展開していきます。

(ⅱ)第一期経営健全化計画の総括と第二期計画の策定

  • 第一期経営健全化計画の最終年度として、3ヵ年中期計画の総仕上げを行います。
  • コロナ禍における今後の事業運営のあり方を見据えながら、第二期計画の策定を行います。

患者の視点に立った魅力ある病院づくり

  • 「良質な医療を提供するための環境整備」、「患者サービスの向上」に継続して取り組みます。
  • Webを活用した養成校や学生へのPR活動、徹底した感染防止対策による安全・安心な受診環境・療養環境の整備、感染防護具の安定確保などに努めます。

健全な経営・財政基盤の確立

  • 患者数規模に見合った体制への再構築のため、院内各部門における業務執行体制の見直しを実施します。
  • 業務の効率化を図るため、自動化・デジタル化を視野に入れた業務見直しの検討、各種会議や研修会等のリモート化を進めていきます。

働きがいのある職場環境づくり

  • 「職員満足なくして患者満足はなし」との理念のもと、職員満足度調査の結果等を踏まえ、更なる勤務環境の改善・充実を図ります。
  • 新型コロナウイルスの感染リスクを抱えながらも、強い使命感を持って懸命に対応する職員が、安心して働ける環境づくりに努めていきます。

地域医療構想を見据えた医療提供体制の見直し

  • 急性期患者の減少・回復期患者の増加などの環境変化に対応するため、病床の機能・規模の見直しを行っていきます。

保健予防活動及び高齢者福祉活動の推進

  • 検診受診率の向上に向け、受診勧奨や健康指導などの取組みを推進します。
  • 地域のニーズを把握しながら、訪問看護事業・居宅介護支援事業を効果的・効率的に実施します。